スタッフ商品レビュー ニュースリリース

自動ネコトイレ3種を徹底比較!「キャットロボット」VS「サークルゼロ」VS「CATLINK」


今、猫オーナーさん達の間で新たな定番になりつつある「全自動猫トイレ」。猫ちゃんがトイレをすると自動で感知してお掃除してくれる優れものです。

実は10年以上前から販売されていたんですが、ここ最近、忙しい現代人の生活に合わせて一気に需要が高まり爆発的なブームに。性能やデザインのバリエーションも増えてきて、うちの子にはどれを選んだらいいのか悩みものですよね。

ちょっとした家電くらいのお値段で、長年使うものなので、トイレ選びには絶対失敗したくない! そんな方のために、今回はオーエフティーが取り扱う自動猫トイレ全3種を比較し、おすすめを検証してみました!


全自動猫トイレを買うなら、絶対オーエフティーがおすすめ!

本題に入る前にまず強くお伝えしたいのが、「自動猫トイレを買うならオーエフティーが絶対おすすめ」だということ。

終売となってしまったアイテムも含め、さまざまな全自動猫トイレを実に10年以上も取り扱ってきたエキスパートだから、サポートやメンテナンスの体制が充実していて、もしものトラブルにしっかりと対応しているんです。

実はここだけの話、「他社で全自動猫トイレを買ったものの、トラブルにまったく対応してくれなくて…」と困ってオーエフティーに電話を掛けてくる方が後を絶ちません。(※他社から購入されたものでもオーエフティー取り扱い商品であれば基本的には対応していますが、お受けできない場合もあり、保障対象外となるため修理費・送料などが別途掛かります)

トラブルシューティングや使い方の相談はもちろん、クリーニングサービスを実施していたり、少しでも修理費を抑えるために希望者にはセルフメンテナンスの方法をご案内したりと、徹底したサポートが魅力。後々のことを考えると、全自動猫トイレはオーエフティーから購入するのが絶対におすすめなんです!

 

今回比較するのはこの3つ!

さて、今回比較するオーエフティーの全自動猫トイレがこちら!

キャットロボットオープンエアー
全自動猫トイレの代表格ともいえる定番のアイテム。見た目の通り、ビッグな収容力が魅力です!

circle0(サークルゼロ)】
2019年に発売されたモデル。スタイリッシュなデザインに夢中になる猫オーナーさんが急増中!


CATLINK(キャットリンク)】
20204月、満を持して発売された高性能な新型モデル。なんとWi-Fiに接続してスマートフォンアプリで操作ができ、愛猫の健康管理もできちゃう最先端のハイテクアイテムです。

 

スタッフのぶっちゃけレビューはこれだ!

比較するにあたり、機能性/デザイン性/故障率の低さ/オプション商品の項目に分けて、それぞれをぶっちゃけ評価してみました!

機能性
機能性については、CATLINKがダントツに突出していると言っていいでしょう!「猫トイレもここまで進化したか」と思わずうなってしまうほど。

猫ちゃんがトイレをすると自動でお掃除してくれるのはもちろんのこと、スマートフォンアプリに接続することで、猫ちゃんがトイレに入った時間や回数・体重の変化を記録してグラフ化してくれます。

今まで、「健康管理のためにトイレの回数を確認したいから自動猫トイレは使わない」という猫オーナーさんも多かったはず。CATLIINKならグラフで視覚化してくれるから、今まで以上に愛猫の健康状態をしっかりとチェックすることができそうです。猫ちゃんがトイレに入るとリアルタイムで通知が来るので、お出かけ時にも安心ですよ。

〇デザイン性


デザイン性で一番惹かれるのが、シンプル・イズ・ベストを体現した
Circle0(サークルゼロ)。ほかの自動猫トイレと違い、電源ボタン以外の操作ボタンすら排除した、徹底して洗練されたデザインが魅力です。操作ボタンがないからこそ、電源を入れるだけで動作してくれるユーザビリティの高さも大きなポイント。

〇故障率の低さ
最もシンプルな構造のCircle0(サークルゼロ)は、その分故障などのトラブルも少ない印象があります。電話や修理対応をしていても、キャットロボットに比べてサークルゼロはほとんどお問い合わせがないなと感じるほど。

CATLIINKは今月新発売のためお問い合わせ件数を検証することができませんでしたが、キャットロボットとCircle0を比較すると、Circle0に軍配が上がります。

〇オプション品


キャットロボットオープンエアーと
CATLINKには専用のライナーやフィルターをいったオプション商品も用意されています!特にキャットロボットオープンエアーは専用のステップや猫砂の飛び散り防止フェンスといったアイテムも展開していて、さすがは最古参といったところ。CATLINKは今後の展開にも期待できそうですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結論としては、機能性ならCATLINKデザイン性ならCircle0(サークルゼロ)オプションも充実させたいならキャットロボットかCATLINKといったところかなと思います。

結局、「何を重視するか」が最後の決め手になりますよね。個人的には、新しいものをどんどん試してみたいからCATLINKがいまの一押し!仕事中でもアプリで愛猫の動向を確認して安心できそうです。

トイレをするたび綺麗にしてくれる全自動猫トイレは、猫ちゃんにとっても飼い主にとってもありがたいもの。これを機にぜひ導入を検討してみてくださいね

-スタッフ商品レビュー, ニュースリリース

この記事をシェアする!