2018/04/13

スタッフ商品レビュー ニュースリリース

自動でシーツを交換してくれる未来型トイレ”ブリリアントパッド”、気になるところを実際のユーザーに聞いてみた!

毎日のトイレシーツの交換、本当に大変ですよね。

「自動で取り替えてくれる機械があればいいのに!」室内犬オーナーさんなら誰もが一度は思う、そんな夢のような話が本当に実現していたことをご存知でしょうか?

それがこちら!室内小型犬用セルフクリーニングトイレ"ブリリアントパッド"です!

ロール式自動犬トイレ ブリリアントパッド

開発当初から世界中で話題を集めていた最先端ガジェット、ペット用品専門商社である株式会社オーエフティー(以下弊社)がとうとうアメリカから日本に上陸させました!

そのしくみは非常にシンプル。

愛犬が本体の上で排泄すると、タイマーもしくは手動で汚れたシートが巻き取られ、新しいシートが出現するんです。

シートを使い切ったらそのまま捨てるだけでOK!

使用済みシートは汚物を巻き込んでしっかり密閉されるので、ニオイも全く漏れないんです。

そんなうまい話が本当にあるんでしょうか?

使ってみて実際どうなの?

今回はブリリアントパッドを実際に使用しているスタッフの自宅に赴き、気になるところを徹底的にインタビューしてきました!

よろしくお願いします。
まずは愛犬の紹介をお願いします。

はい!フレンチブルドッグの男の子、オラフ君です。まだ生後5か月のやんちゃざかりです。

ロール式自動犬トイレ ブリリアントパッド

ブリリアントパッドを使おうと思ったきっかけは何ですか?

この子は結婚して初めて飼ったワンちゃんなんですけど、共働きでいつも留守番させてしまうこともあってトイレシーツの管理は思ったよりも大変で。まだ赤ちゃんなのでトイレの量も回数も多くて、夫婦で振り回されていました。そんなときに弊社で取り扱いが決定したのがこの”ブリリアントパッド”。思い切って購入を決断しました!

実際に使ってみてどうでしょうか?

生活が一変しましたね。本当に購入してよかったです。ボタンを押すだけで勝手にシーツが巻き取られていって、新しいシーツが出てくる。この間3秒、長くて5秒くらいですよ。汚れたシーツを折りたたんでゴミ袋に入れて新しいシーツを取り出してセットして…そういった手間から解放されました。

確かに、今までのシーツ交換とは全く違う気がしますね。

そうなんです。汚れたシーツを直接触らなくていいのも大きいですね。あと、ブリリアントパッドの専用シートがものすごく薄いんです。なのでゴミになっても嵩張らない。ゴミの量がぐっと減りました。うちの犬、シーツを引っ掻く癖があって、今まではシーツが破れるたびに中綿が出てきて大惨事になっていたんですけど(笑)そういうこともなくなりました。

シーツが薄いのはメリットですが、その反面吸水力が低いイメージがあります。

それがすごいんですよ、この薄さで今まで使っていたシーツと同じかそれ以上に吸収してくれます。大量におしっこしても少し時間を置けばサラサラ!さらにその上からおしっこしてもまだ吸うんです。これには驚きましたね。相変わらず引っ掻いて破いてしまうこともあるんですけど、薄いから散らからないしボタン1つで交換できますからね。

なるほど。シートが1ロール14mとのことですが、交換の頻度は具体的にどれくらいですか?

うちの犬は1日でうんちを3回、おしっこを5回くらいするんです。今までは完全に室内でさせていたので、1ロール10日くらいで使い切ってましたね。最近は散歩デビューして外でもトイレするようになったので、長持ちするようになりました。2~3週間で使い切るイメージです。

替えロール4個セットで14,000円なので、1ロール3,500円。
1週間あたり1,200円くらい掛かる計算ですね。

そうですね、正直安くはないと思います。1ロールでワイドシーツ27枚分らしいので、1枚分で130円くらい。もう少し値段が下がればもちろん嬉しいんですけど、価格以上の価値がありますからね、そこは割り切ってます。

価格以上の価値ですか。

ブリリアントパッドを買ってよかったことは、シーツの交換が簡単なことももちろんあるんですけど、もう1つ、ニオイがまったくしないことなんです!使用済みシーツは全部使い切るまで2~3週間ブリリアントパッドの本体の中に格納されることになるんですが、まったく臭いません。もちろん犬がうんちをした直後は臭うんですけど、ボタンを押して巻き取った瞬間においが消えますね。これは本当に感動しました。 今までのシーツはゴミ袋にまとめておいてもニオイが漏れてしまって、いつもごみの日を待ち望んでましたから。

1ロールが結構大きいので、ごみ捨ては少し苦労しそうな気がしますが。

我が家は大きな袋にそのまま入れて出してます。うちの自治体ではプラスチック製の芯とフタも燃えるゴミで出してOKなので、すごく楽ですよ。フタがあるのでウンチがはみ出してきたり臭いが漏れることはまったくありません。

ロール式自動犬トイレ ブリリアントパッド

「汚れたプラスチックは燃えるゴミ」っていう自治体がほとんどですもんね。
では質問を変えて、実際にブリリアントパッドでトイレさせることを教えるのは簡単でしたか?トレーニングのコツなんかがあれば教えてください。

普通は今まで使っていたシーツをブリリアントパッドの上に置いて、だんだん慣れさせるらしいんですけど…うちの子は一発だったんですよ(笑)。教えるまでもなく、置いただけで勝手にしてました。はみ出したり失敗したことも今のところありません。こんなに簡単なのはうちの子だけかもしれないですけど。

賢いんですね!

まだ5ヶ月でいろいろなことを教えている最中だったことが逆によかったかもしれないですね。ただ、ブリリアントパッドの上に遊んだおもちゃを置きっぱなしにすることがあって。小さいものだとたまに気づかずに巻き込んでしまって、「あのおもちゃどこ行った?」なんてこともたまにあります(笑)ボタンを押すときにこっちが気を付けていれば問題ないんですけどね。

ロール式自動犬トイレ ブリリアントパッド

ブリリアントパッドには、数時間おきに自動でロールが回転するタイマーモードがありますよね。タイマーモードはどうですか?

実は、我が家ではタイマーモードは使ってないんです。手動モードだと好きな時に適量のシーツを巻き取れるので、そっちの方が経済的かなと思って。でも今考えていることがあって、最近夜中に犬が起きてきておしっこをしてから夜鳴きするんですよ。「片付けろー」って。ご近所さんの目があるので無視するわけにもいかなくて、半分寝ながらボタンを押しに行ってるんですけど、タイマーモードで夜中に巻き取る設定にしておけばわざわざ行かなくていいんじゃないかなって。まだまだ可能性があると思うんでこれからいろいろ試していきたいですね。

夢が広がりますね。最後に読者の方にメッセージがあればお願いします。

ブリリアントパッドに替えてから、一番喜んでいるのが実は妻なんです。「ゴミが減った」「においがなくなった」「汚れたシーツを触らなくてよくなった」って。共働きだからこそ、夫婦の負担が減ったことはほんとによかったなと思っています。
あと、シーツ1枚あたりに使われている素材が今までの3分の1らしくて、地球環境にも優しいんですよね。環境への意識が高まっていく中で、室内犬を飼う人も増えている。ペットシーツのゴミを減らすことは今後更に注目されていくと思うんです。そういう点でもブリリアントパッドは現代のペットとの暮らしに不可欠な存在だと感じています。もっと広がっていってほしいと思いますし、このインタビューが購入を検討している人の後押しになれば嬉しいです。

ロール式自動犬トイレ ブリリアントパッド

http://oftww.com/item/brilliant

-スタッフ商品レビュー, ニュースリリース
-

この記事をシェアする!