スタッフ商品レビュー ニュースリリース

シニア犬介護用のマットはどんなのがいいの? 新技術の"クッションエアー"

愛犬に介護が必要になったなら、用意してほしいのが介護用のマット。

とはいえ、素材や柔らかさ、通気性に耐久性…いろいろあって悩んでしまいますよね。

老犬介護に適しているのはどんなマットなんでしょうか?

もしワンちゃんが寝たきりかそれに近い状態であるなら、一番に気にかけてほしいのが耐圧分散性です。同じ姿勢で長く寝ていると、体重のかかりやすい肘や肩、腰などに負担が集中し、床ずれの原因になってしまいます。

耐圧分散性の高いマットなら、一点に集中してしまいがちな圧力をうまく全体に分散させ、床ずれを防止してくれるんです。

犬の介護マット クッションエアー

さらに、少しでも寝返りが打てる状態なら、低反発よりも高反発なマットがおすすめ。

低反発マットは柔らかく気持ちいいメリットがありますが、体が沈み込んでしまうため動きにくく、疲れやすいんです。

少し固めで反発力があるマットの方が、長時間寝ていても疲れにくく、寝返りも打ちやすいので介護には適していると言えます。

私がこれはと思っているマットをご紹介します。

株式会社オーエフティーが2017年夏から企画販売している"犬の介護マット クッションエアー"です。

犬の介護マット クッションエアー

耐圧分散性に優れている高反発マットで、通気性や耐久力もばっちり。老犬介護にはまさに理想的なんです。

■元釣り糸メーカーが編み出した特殊製法

犬の介護マット クッションエアー

マット本体に使用されているのが径0.3mm~0.5mmの超弾力性ファイバー。

もっちり弾力があるので、体が沈み切ってしまうのを防ぎ適度に反発してくれます。

開発したのはなんと元釣り糸メーカー。

釣り糸の性質を利用した新技術で、大手車メーカー向けにマットを製造している最先端企業です。

これを知ったペット用品専門商社の株式会社オーエフティーが老犬の床ずれ防止マットとして着目し、販売に至ったのがこの"犬の介護マット クッションエアー"なのです。

犬の介護マット クッションエアー

曲げても元に戻るという釣り糸の性質で実現したのがこの高い耐久力。

なんと80,000回もの圧縮テストを行い、98%の形状復元を測定しているんです。

多くのマットはしばらく使うとどうしても薄くなってきてしまうので、ずーっと同じ厚さや柔らかさを保ってくれるのは嬉しいですよね。

■通気性◎

犬の介護マット クッションエアー

ファイバーが適度な間隔で編み込まれているため、通気性も◎!

暑い日もうまく体温を逃がしてくれるので通年蒸れずに使うことができます。

水をかけるとこの通り!簡単に通過してくれます。

まるっと水洗いできて、あっという間に乾いてしまうんです。

介護が必要なワンちゃんにとって粗相や嘔吐は避けられません。

いざという時さっとお手入れできるのは大事なポイントです。

■豊富なサイズ展開

犬の介護マット クッションエアー

犬の介護マット クッションエアー

S~XLの4サイズ展開。
チワワなどの小型犬から中型犬まで対応しています。

洗濯機で丸洗いが可能なカバーはリバーシブル仕様。

表綿はかわいいチェック柄、裏面はシンプルな単色になっています。

気分によって入れ替えてくださいね。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?

ペット用品をずっと輸入・開発してきたオーエフティーだからこそ自信を持っておすすめできる介護マットです。

少しでもワンちゃんの負担を減らして、愛情いっぱいの毎日を過ごしてくださいね。

犬の介護マット クッションエアー

S:http://oftww.com/item/kaigomat_s
M:http://oftww.com/item/kaigomat_m
L:http://oftww.com/item/kaigomat_l
XL:http://oftww.com/item/kaigomat_xl

-スタッフ商品レビュー, ニュースリリース
-

この記事をシェアする!