「人の話し」 一覧

パピヨン(女の子)

ペットと「アイコンタクト」をとれていますか?


ペットとの「アイコンタクト」について はじめまして。 スタッフブログ初投稿になります。 写真のパピヨンはOFTデザイン課所属のデザイナーの愛犬です^^ 《 アイコンタクトは重要 》 ワンちゃんを飼われ ...

Rakuten新春カンファレンス2017


2017/02/15   -スタッフBlog, 人の話し  

    写真は、楽天の物流用ドローン“てんくう” Rakutenカンファレンスについて 2月10日 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催された Rakuten 新春カンファレンス 2017に行っ ...

オメガ3がからだの健康以外に守るもの


健康的な油の成分について みなさん。体にいい油とってますか? もうすっかり定着してきた感のあるフラックスシード(亜麻仁)などの健康油。 犬や猫ちゃんにも良いということで、特に手作り食を与えている飼い主 ...

がんばれ麻央さん!


癌性疼痛について 特にファンだったということではなく、人の親となり、子供たちも大きくなり、自身も年齢を重ねいろんな経験をしてきた今、時々目にする小林麻央さんの闘病中のニュースを見て、自然と心から頑張っ ...

スマホから個人情報があふれ出す!?


2017/01/17   -スタッフBlog, 人の話し  

スマートフォンの付着物について 先週に引き続き今日もスマートフォンに関する話題を書かせていただきます。 スマートフォンはすでに私たちの生活には欠かせない存在になっている一方で、たまに「えっ!!」と思う ...

スマホのピースサイン自撮りは指紋もわかる!犬の鼻紋は?


鼻紋について なにやら時代の移り変わりを感じるニュースの一つです。 スマホのカメラ機能があまり高度化し過ぎて、自撮りの際ピースサインをすると指紋までわかってしまうそうな・・・。 スマホの認証システムで ...

アレルギーが心配な人はペットを飼おう?


アレルギーについて カップルや夫婦の方でお子様が欲しいとお考えの方々へ。 生まれてくるお子様が将来アレルギー体質になって苦しむようなことがないかと 心配なひとは多くいらっしゃると思います。 《 生まれ ...

キトンブルー


子猫の目について みなさんこんにちは。 最近は、メディアやYou Tubeなどで、 猫ちゃんたちが取り上げられることが多くなりました。 あの可愛い顔の表情を見るだけでも癒されている人は 多いのではない ...

高齢になっても・・・おめでとうボブディラン


ボブディランのノーベル賞について ボブディランが75歳の今、ノーベル賞を受賞いたしました。音楽関係の受賞者がはじめてということで、この影響はとても大きいことは間違いありません。世間では、彼がノーベル賞 ...

ゲノム


ゲノム編集について 今年の夏は過ぎましたが、その分野の専門家にとっては(おそらく)たいへんなニュースが飛び込んできたに違いありません。それは「実験動物中央研究所や慶応大などのチームが、ゲノム編集という ...

犬とオオカミ(存在意義)


オオカミについて 犬とオオカミ最終ブログです。それぞれの存在意義を考えてみました。 例えば「犬は人類の一部」そして「オオカミは地球環境の一部」。犬は人とともに暮らすようになってはじめて現在の犬になった ...

犬とオオカミ(食事)


オオカミについて 犬とオオカミ。今日は食事についてです。 食事については、こだわっている飼い主様も多いと思いますが、さて同じ犬科の動物で同じ肉食の体を持った動物同士でどれほどの差があるのでしょうか?食 ...

犬とオオカミ(存在)


オオカミについて 犬はあなたにとってどういう存在ですか?という質問に対しては、「大切」に決まっていますよね。それはきっと1万5千年ほど前の犬と共に生活をしていた人々も同じことを言ったのかもしれません。 ...

犬とオオカミ(寿命)


オオカミについて 犬とオオカミについてのブログ第2弾です。今回は寿命についてです。犬の平均寿命は、最近でも少しづつ伸びているようで、小型犬では14~15才、中大型犬でも13~14才となっています。10 ...

ノーベル医学生理学賞に大隅良典教授


ノーベル賞について なんとまた日本人からノーベル賞受賞者がでましたね。ほんとうにすごい。日本人として誇りに思うと同時に、日本人であることを幸せに感じます。今回は東京工業大栄誉教授の大隅良典(おおすみよ ...

犬とオオカミ(分布)


オオカミについて 今週は犬とオオカミに関するブログを連載します。 みなさんご存じのとおり、犬のしつけや行動に関わることにせよ、犬の食事やドッグフードなどの製品に関わることにせよ、オオカミの行動や食事内 ...

見られていますよ。すごく!


表情や仕草について お化けの話ではありません。仕事中の作業効率や人間関係のことを調べていましたら「ホーソン実験」というものにヒットしました。「労働者の作業能率は、客観的な職場環境よりも職場における個人 ...

漂う安定剤(フェロモン)


フェロモンについて 皆さんは感じますか?犬や猫たちが体中から出している匂いを!そうですね、フェロモンです。犬や猫とともに暮らしている私たちでも感じ取ることはできませんが(ひょっとして、感じる人もいるの ...

良い情報だけを見て安心した気持ちになりたいペットフードの検索?


検索することについて みなさん、こんにちは。 以前ドッグフードについての勉強会をお客様に行っていたときのお話しをさせていただきます。シンプルな勉強会で、お客様の前でパソコンを開きながらドッグフードにつ ...

口は足?翼は何のため?


鳥も歩きたい?について こんにちは。休日はどう過ごされましたか?私はペットショップに行ってきました。(仕事ではありません。) 今自分のお家には犬しかいませんので、生き物の展示は熱帯魚やスモールアニマル ...

KOKUSAN 国産


国産について 少し前に書いたブログでは「ドッグフードが自由すぎる件」ということで、国産のドッグフードが増えているという内容を書かせていただきましたが、「国産=安全」という神話?はペットフードの業界の中 ...

イチローとしての役割


違うイチローについて みなさん、こんにちは。 今回もスピンオフ ブログを書かせていただきます。急に思い立ったのではなく、野球少年だったこともあり、よく見るイチロー選手の動画を見ていた時、いつもと違うイ ...

ドッグフードが自由すぎる件


ペットフードについて みなさん、こんにちは。今日はドッグフードのお話しです。最近国産ドッグフードが増えたなあと気になっていました。今回そのことについて、少し書かせていただきます。 私たちは新しいフード ...

話せない子たちを利用する人・守る人


ペットに関する相談先について みなさん、こんにちは。今回はペットに関する相談先についてのお話です。生き物が関わるペット業界では、トラブルと言っても、当然機械の故障対応で済むようなケースは少なく、生き物 ...

愛すべき生き物たちの健康について考えてみる


健康の呼び名について 健康という言葉について考えてみました。ヘルス、ウェルネス、フィットネス・・・日本語では「健康」という意味で使われている言葉も、欧米に習い少し種類が増えてきましたよね。 そういえば ...

愛すべき生き物たちの呼び名について考えてみる


呼び名について 家畜、畜生、愛犬、愛猫、愛玩動物(ペット)、伴侶動物(コンパニオンアニマル)…。 時代によって、ペットの呼び名は様々に変わってきました。家畜には使役動物や経済動物という側面もありますが ...

ペットの専門用語


専門用語について 様々な業界には、業界人しかわからないような専門用語というものが存在しますよね。ペット業界は生き物を扱う業界だけあって、多くの専門用語が存在します。私もペット業界にいるからと言って多く ...

逃走距離 限界(臨界)距離


限界(臨界)距離について リオパラリンピックでは、柔道のメダルラッシュが伝えられてきましたよね。 視覚障害の人たちなのに健常者並みの闘いは、心と目頭を熱くさせます。視覚が利かないということは相手との間 ...

突然変異④(人という)


アルビノについて 突然変異、最終回です。ブログを書いている本人がペット業者ですのでこれまでペットや動物に絡んだ話しが多かったのですが、今回は別です。さて、人間は突然変異というものをどのような現象ととら ...

突然変異③(アルビノ個体の影の活躍?)


アルビノについて 現在、突然変異という題名でアルビノ(白化)個体について書かせてもらっています。ペットショップにいる動物など、結構身近な存在でもあるアルビノの生き物たちですが、こちらは直接ペットショッ ...

突然変異②(アルビノは高価値)


アルビノについて アルビノについてのお話の続きです。アルビノは突然変異から生まれてきた色素を持たない動物ですが、前回お話ししたウサギだけではなく、ペット業界にもアルビノの生き物はたくさんいます。自然界 ...

動物医療の取り組み(ホモトキシコロジー)


モダンホメオパシーについて 前回はホメオパシーの現状について書かせていただきました。現代では、疑似科学と呼ばれることもあるようになった療法ですが、当時としてはおそらく最先端医療であり最先端科学であり、 ...

ホメオパシー


2016/11/16   -スタッフBlog, 人の話し  

ホメオパシーについて 今日は、時々動物病院などでも見かけることのある療法、ホメオパシーについてです。ホメオパシーは有名芸能人にもホメオパス(ホメオパシーの実践者)がいるように、多くの人が聞いたことがあ ...

キャッチボール


鎖骨について 今日は、肩の力を抜いて…。 肩の力を抜いてと言えば私は野球のキャッチボールを思い出します。バッティングを思い出します。でもペット業者ですから、猫を思い出しますし、おサルさんも思い出します ...

闘う生き物(最終回/クモ)


闘蜘蛛?について 今日は闘う生き物の最終回ですがクモを取り上げさせていただきます。「闘犬でもなく闘魚でもなく闘蜘蛛?」 現代のように多くのおもちゃやゲームのない時代、クモ同士を戦わせて勝ち負けを決める ...

闘う生き物(闘魚)


闘魚について みなさんこんにちは。昨日は土佐闘犬について書かせていただきました。本日は同じく「闘う生き物」闘魚についてです。 ペット業界、特に熱帯魚関係をかじった人ならば常識中の常識ですよね。そうです ...

全盲の方‐人々‐自分‐そして犬⑤


全盲の方について 1万2千年前、子犬とともに埋葬された人骨が発見されて以来、人は他のどの動物でもなく犬を愛すべき信頼のおけるパートナーに選んだのではないかとされています。そして現代。犬はさらに人間社会 ...

全盲の方‐人々‐自分‐そして犬④


全盲の方について 1歩、2歩、3歩・・・。私は地下鉄車内で声を掛けた全盲の男性と一緒に地上へ向かって階段を上り始めました。 ほんとうは「今日ぐらいは、いつもよりは緊張せずに楽をして地上へ上がって下さい ...

全盲の方‐人々‐自分‐そして犬③


全盲の方について 地下鉄で、初めて全盲の方に声をかけ、私は同じ電車を一緒に降りることになりました。私たちが降りる大阪の地下鉄平野駅は、その(全盲の)方に電車内で声をかけてから2~3駅先にありました。そ ...

全盲の方‐人々‐自分‐そして犬②


全盲の方について 全盲の方が、今、地下鉄に乗って私の目の前に立っています。その先にはドアがあります。しかし・・・、私の目の前にいる障害者の方のその先には、ドアをふさぐように学生が大きなバッグを地面に置 ...

全盲の方‐人々‐自分‐そして犬①


全盲の方について 全盲のみなさん。私は目が見えない人の気持ちはほとんどわかりません。今まで、あなた方に手を差し伸べたことは自分の記憶の中では1~2度しか無かったのではと思います。とても遅いことはわかっ ...

なぜ変わらない?アメリカ合衆国


2016/11/13   -スタッフBlog, 人の話し  

単位について こんにちは。昨日に引き続き、メートル法についてのブログを書かせていただきます。 1837年にフランスが世界で初めて「メートル法」という世界統一単位を国として実施し、その後世界に広めるため ...

なぜこうも違う?重さや長さの単位。


2016/11/13   -スタッフBlog, 人の話し  

単位について みなさん、こんにちは。 私たちは仕事がら、特に欧米の海外輸入品を取り扱っていますと、当然商品に記載されている重さや長さの単位が違ってきます。重さではポンドやオンス、長さではフィートやイン ...

想像力で野球観戦 日本初パブリックビューイング?


2016/11/13   -スタッフBlog, 人の話し  

画像について 現在ブラジルのリオではオリンピックが、そして日本では高校野球が共に熱い戦いを繰り広げていますよね。出場選手たちはきっと、戦っているその瞬間が自身の今後の人生の最も重要な1ページとして体に ...

アホウドリ:柱を立てろ!


アホウドリ、名前の由来について アホウドリ最終話。 皆さんこの絵が何に見えますか?これはアホウドリたちがかつて繁栄していたころに見た鳥柱(とりばしら)の想像図です。 それは江戸時代に書かれた書物に記さ ...

アホウドリ:その名の由来を忘れずに…


アホウドリ、名前の由来について ほんの少し昔、人が多くのものを自然から得られていた、まだまだそんな時代。 自然の作り出す産物は、人間社会の中でその形を様々に変えながら、人間に多くの恩恵を与え続けていま ...

アホウドリ:絶滅寸前。お金を儲けたのは日本人。


アホウドリについて 8月2日放送のNHK番組「小笠原でよみがえれ!アホウドリ」より 皆さま、アホウドリという鳥の名前は聞いたことがあると思います。日本国の天然記念物。1メートルに達するほどの大きな体と ...

良識を常識に変えるにはまだまだ問題は山積み?


マイクロチップについて 人は生き物を身勝手に捕まえ、身勝手に連れてきて、そして不要になれば身勝手に野に放ち、身勝手に同じ人間がまた捕獲する。捕獲された生き物は、特定外来生物と呼ばれ、身勝手に異物を埋め ...

薬はデザイン力!デザイナーは?


現代の医薬品について 私たち人はもちろんのこと、ペット業界やその他生き物にかかわる業界は様々あります。動物園や水族館もそうです。畜産業界も魚の養殖業も… それらの業界に必要なもの…「薬」。今や薬無しで ...

生き残る強さを持つ人も動物も美しい


美しさについて 昭和の大横綱「ウルフ」こと九重親方=元千代の富士が亡くなりました。 「ウルフ」という愛称は、千代の富士の土俵上の仕切りの際の、まさに戦いの直前に見せる鋭い眼光から付けられたものでした。 ...