スタッフBlog 猫の話し スピンオフ ペットの話し

猫のトイレ砂はどれがいいのか。新たな砂の魅力はなに?

猫のトイレ砂について



猫のトイレ砂について


私たちのふだんのお仕事はペット用品の販売なのですが、特に猫ブームとなってから猫用品は増えた気がいたします。

猫用品の中でも、代表的なのが『猫トイレ』。

その猫トイレの中に入るのが、猫のトイレ砂ですよね。

トイレの形状やトイレの砂の種類によって、使い勝手はそれぞれ異なってきます。


《 種類による処置方法の違い 》

猫のトイレ砂の処理方法と言えば、要するに『捨て方』ということになります。

鉱物系の固まる砂(ベントナイト)や固まらない砂(ゼオライト)、それに消臭効果が高いと以前はもてはやされたシリカゲルの砂などは、燃えないゴミとして処理しなければなりません。

燃やせるゴミとして出せるものは、ヒノキやパイン(松)などの木の砂があります。
木の成分がもともと消臭効果があるため、トイレもすぐにニオイ始めるということはありません。

燃やせるゴミとして出せる代表的なものはやはり紙砂です。
燃やせるゴミとして出せる上に、軽いのが最大の特徴です。
ペットの世話をする多くの女性にとっては、軽いことは最大のメリットですよね。

そのほかにはトイレに流せるもの
猫のおしっこやウンチにからんだ砂とともにトイレに流せるのですから、もっとも室内を清潔に保ちやすいと言えるかもしれません。
このタイプには、先ほどの紙砂や一部のヒノキなどの混合砂、それにオカラでできた砂などもあります。
どれも、軽いものが多く、ホコリが立ちにくいものは特に好まれているようです。


《 消えゆく砂 》

猫の砂の原料としては、消えてしまったのかな?というものもあります。
それはトウモロコシの芯の部分を細かく砕いたものでした。

小動物などの、下に敷く砂としては安全で良いと感じていましたが、なぜか現在は見当たりません。

他には、(古)新聞紙でできた砂。
こちらはまだ販売されていますが、猫砂として見かけることはほとんどなくなってしまいました。


《 新参者 》

今後、猫砂の種類もあまり増えることはないと思っていましたが、最近になって『なにこれ!』と思う猫砂を一つ発見してしまいました。

それが・・・牧草でできた猫砂です。

原料はアルファルファ、つまり家畜やウサギ、モルモットなどの餌=食べ物となる草です。

そのペレットをそのまま猫砂に使用する?という。

たしかに消臭効果もあり抗菌作用もあるアルファルファですので、まだ使ったことがないので良いところに目を付けたというべきなのか、強引というべきなのか?


猫砂のタイプを選ぶとき、みなさんは何を基準に選んでいらっしゃるのでしょうか?

経済的? 消臭効果? ゴミ処理? ホコリの出具合?
少なくともニオイにも敏感な猫にも聞いてあげてください。

その砂で、トイレをするのかどうか・・・

-スタッフBlog, 猫の話し, スピンオフ, ペットの話し

この記事をシェアする!