モモコのAnimal in Movie

映画の話:至高のガンアクション

 
こんにちは!OFTデザイン課の田淵です。
セミがこわいです。
 
 
-
 
▶︎『リベリオン
2002年公開/SF・アクション映画
監督:カート・ウィマー
 
============================
 
「無感覚」と「検閲」について。
 
-
 
 
前回のジョン・ウィックに引き続き銃を用いたアクションが非常に鮮やかな作品です!
 
二丁拳銃を駆使して戦う独特の体術「ガン=カタ」、個人的に今まで観てきた映画の中でこれがいっっっっっっっっっっっっっっちばんCOOLなアクロバティックアクションだと思ってます。
言葉で説明するのも野暮。も〜観てください!中2心的なものをくすぐり倒されます。
 
本国では「Forget “The Matrix”!」(『マトリックス』を超えた!)と謳われていたほど。
低予算なんですけどね。
 
心を動かすいわゆる「娯楽」全般を禁じられた世界で感情を抑えて暮らす人々……という設定に見合って服装や建物、ひとの様子すらも無機質な印象を受けます。
この異様なまでに整えられた雰囲気が主人公の存在を画面から引き立て、戦闘の激しさをより引き出しているのではと思います。
 
 
---------------------------------------------------
 
 
主演のクリスチャン・ベールはこの作品を皮切りにアクション映画への出演が増えました。
そりゃあね!めちゃくちゃカッコいいですもん!!!
 
 
今回の動物も仔犬ちゃんです。
犬種はバーニーズ・マウンテン・ドッグかな?飼い主さんにもの凄〜く懐く、甘えん坊で可愛いワンちゃんです。
 
主人公が奥さん亡くして、仔犬守りたくて…というところはジョン・ウィックと共通してますね。
私も大事な存在を守れるだけの力がほしい!
 
 
 
Fin.

-モモコのAnimal in Movie
-

この記事をシェアする!