スタッフBlog 虫の話し スピンオフ ペットの話し

安全の証?ペットフードに関わる虫たち

ペットフードに関わる虫たちについて



ペットフードに関わる虫たちについて


先日の26日に『ペットに関わる気を付けたい虫たち』と題してダニのことを書きましたが、今回は『ペットフードに関わる虫たち』のお話です。

ペットフードに虫が?とお思いの皆様。

夏場にもなれば、そのような話も実際あるんです。


《 ペットフードと身近な虫 》

ペットフードと虫と言われればペットフードに虫が湧くの?と思いますが、以外な所では虫たちにペットフードが与えられています。

それはコオロギ。

ペットショップで販売されている、餌用のコオロギの繁殖にはペットフードが与えられることがあるんです。


《 虫の湧きやすいペットフード 》

ドライフードに虫が湧いたという話は、この業界にいても聞いたことがありません。

話としては安心なのですが、考えようによっては逆に怖いですよね。

虫もわかないような食べ物なの?と感じてしまいます。

実際に虫が湧くようなペットフードは、外国からやってくるオーガニック原料などを使用した犬用のビスケットや手作り食用のシリアル、それにハーブなど。

最近は、グレインフリーなど穀類を使用しないペットフードが中心となってきましたが、穀物などが使用されたものには時々食品害虫と呼ばれる小さな虫たちが急に製品中に湧き出てくることがあるんです。


《 危険ではない? 》

この手の穀類などにつく虫たちは『貯穀害虫』と呼ばれ、おそらく加工時、卵の状態か何かで混入してしまい、それが孵化して出てきたのだと思います。

このような話があまり表ざたにならないのは、ペットが食べたからと言って健康被害があるわけでもなく、逆にこの手の自然食品を常に求めている飼い主様にとっては、『無農薬の証』としての安心感も得られるからなのだと思います。


虫はほとんどの人があまり好きではありませんが、ペットフードの中身がほんとうに大丈夫なのかどうかは見て判断できるものではありませんし、分析に出そうと思えばすごい費用もかかってしまいます。

それならいっそ、虫に食べてもらって大丈夫かどうか判断したほうが手っ取り早いのかもしれませんね。

-スタッフBlog, 虫の話し, スピンオフ, ペットの話し

この記事をシェアする!