スタッフBlog 犬の話し スピンオフ ペットの話し

犬の殺処分ゼロを実現しているというニュース! 広島県神石高原町

「ピース・ワンコジャパン」について



「ピース・ワンコジャパン」について


今、広島県にて神石高原町という町の犬の殺処分が昨年4月からゼロを維持しているということで話題になっています。

命を守ろうという思いだけではなかなか実現できるものではありませんが、神石高原町のNPO法人ピースウィンズ・ジャパンによる「ピース・ワンコジャパン」というプロジェクトが話題を呼び、殺処分ゼロという偉業を達成・維持しています。

ではいったいどんな仕組みや工夫によって、殺処分ゼロを実現したのでしょうか?


《 クラウドファンディング 》

まずいいアイデアだと感じたのが、クラウドファンディングを利用したという点でした。
クラウドファンディングの利用の多くは、商品開発や事業をスタートさせるための資金集めのイメージがあったのですが、それを殺処分をなくすための資金集めに利用するという話は初めて聞きました。

クラウドファンディングは、利用するだけでもアピール性があると聞きますし、なおかつ大金が集まったということで、まだ日本も捨てたもんじゃないなあと心から感じることができました。

クラウドファンディングだからこそなのかもしれませんが、寄附をしてくれた人には金額に応じて返礼があります。

それも積極的に寄付してあげようという気にさせてくれるのかもしれませんね。



《 ふるさと納税 》

さらにはふるさと納税を利用して、税金を殺処分ゼロ活動への支援にも使えるようにしてもらっているそうです。

理解のある行政の対応も素晴らしいと思います。

このような取り組みを、行政(自治体)自身が行っているというところもまた新しい流れなのかもしれません。

命を守るために税金が使われるということがわかっているのなら、安心して税金を納められるという人も多いのかもしれません。


《 譲渡会 》

保護され、獣医師により健康状態がチェックされ、そしてトレーナーさんによってしつけされたワンちゃんたちは、様々なイベントや有名店、それに新設された譲渡センターなどで、飼い主さんに出会うこととなります。

しかし、次々と保護されるワンちゃんたちを受け入れるためには、それらすべての活動がスムーズに継続的に進まなければなりません。

それだけではなく、施設の維持費や食事代、薬代、用品代などを含めれば、継続的な費用の確保もこの先さらに必要となってくるのです。
保護犬への支援だけではなく、保護される犬たちを増やさない意識改革や活動も必要です。

次は、広島県内全体の殺処分ゼロ。

さらには、2020年東京オリンピックまでに全国の殺処分ゼロを目標に活動を広げていくそうです。

みなさん、是非とも応援してください。

-スタッフBlog, 犬の話し, スピンオフ, ペットの話し

この記事をシェアする!