スタッフBlog スピンオフ ペットの話し

あのよくしゃべる頭の良い鳥はどこへ消えてしまったの? 黒い羽毛の九官鳥

九官鳥について



九官鳥について


最近町中では、よくカラスを見かけるようになりました。

春から夏にかけてはカラスの繁殖時期に当たり、巣作りやヒナの餌やりに忙しい時期なのです。

近くで見れば結構大きく、特にこの時期は神経質になっているため気を付けなければいけません。


《 カラスと言えば・・・ 》

カラスと言えば頭の良いしゃべる鳥ですが、そう聞くと個人的には懐かしい九官鳥を思い出します。

同じスズメ目の仲間ですが近縁ではなく、しかしカラス同様に頭が良いしゃべる鳥と言えば、一昔前は九官鳥が代表的な存在だったと思います。

当時、『喋らせるように育てるのがうまい人』みたいな人も確かいました。

籠に風呂敷のようなものをかぶせて暗くしておいて、ラジオを聞かせて・・・みたいなことだったと思うのですが。
(今はほかに手段があるのかもしれませんね。)


《 九官鳥フード 》

話は次々飛ぶようですが、当時米国のバードフードで有名な『ラウディブッシュ社』の人が来日し、日本のバードフードの現状を見た際『日本には栄養的に評価できるフードが一つもない』と言い残して帰っていったという話を聞いたことがあります。

その中で、唯一これはまだ良いと言われたフードがありました。

それが、日清の九官鳥専用フードだったことは間違いなかったと思います。


今では、バードフードも様々なフードが輸入されています。
しかし今でも日本で販売されているのは、種子がミックスされた安価なフードが中心です。
栄養的には、微量栄養素も十分含まれているバランスのよい配合飼料が絶対に良いのです。

今からでも、切り替えてみてはいかがでしょうか?
きっと寿命も長くなると思いますよ。

-スタッフBlog, スピンオフ, ペットの話し

この記事をシェアする!