スタッフBlog スピンオフ ペットの話し

この時期だけ登場する? 白い公園とは・・・

公園の、雑草対策・砂場の衛生管理について



公園の、雑草対策・砂場の衛生管理について


毎日の通い道。

石畳風の歩道を通っているのですが、家屋やマンションを横目に、いくつかの小さな公園が目につきます。

4月のある日、いつもは子供たちが学校終わりに遊ぶ夕暮れの時間になっても声すら響いてこない日がありました。
すぐにその理由は目で理解することができた。

公園が立ち入り禁止となり、公園の土は一面真っ白だったんです。



《 雑草対策 》

みなさんは町中にある小さな公園内で、「あれ?」っと感じたことはありませんか?
あまり人気のない公園にもかかわらず、なぜか雑草が生えていない公園です。

そんな公園はきっと、この時期、写真のような白い公園なっていたのかもしれません。
石灰質の粉末をまくことで、土壌を酸性からアルカリ性に改変し、雑草の育ちにくいPh(ペーハー)環境にしているようです。



《 砂場 》

ちなみに公園には砂場があります。
最近、砂場で遊ぶ子供たちを見ることは極端に減ってきましたが、公園にペットを連れて入って行った際は、子供たちがいなくてもペットは砂場に入れないようにしましょう。

理由は、当然その中でおしっこやウンチをさせてはいけないということ。
もう一つの理由は、ペット自身も汚染された砂場には近づけないようにしましょうという話です。

砂場は本来、子供たちが遊ぶために衛生面を維持しなければなりません。
砂場を放置しておくことで、大腸菌などの衛生上良くない菌が増加していきます。

そのため、消毒液散布やその他のいろんな方法があるようですが、どのような抗菌処理が行われているのかどうかは見ただけではわかりません。

太陽光のあたらないような場所にある砂場の場合は、さらに太陽光による紫外線殺菌も期待できないことになりますので、そのような場所の砂場の衛生管理はさらに大変になってくるということになります。


ペットと共に公園にお散歩はよいことですが、周囲をよく観察しながら安全で楽しいお散歩をしましょうね。

-スタッフBlog, スピンオフ, ペットの話し

この記事をシェアする!