スタッフBlog 猫の話し ペットの話し

そんなに人気だったの? 話題の『けものフレンズ』

サーバルキャットについて



サーバルキャットについて


先日突然、アニメ『けものフレンズ』が最終回を迎えちゃうんです!と、同僚から聞かされました???

人間の女の子の姿をした様々な動物(アニマルガール)に出会いながら、旅に出た主人公がお守りの秘密を探るのだとか。
女の子に擬人化された動物たちは皆、本来の動物の特徴をよく表していて見ていて楽しかったのだそうです。

メインキャラはフレンズ・サーバルというサーバルキャットということで、きっと現在も続く猫ブームにも一役買っているのでしょう。
キャラクターなどコンセプトデザインを担当した吉崎観音さんという方が、動物園で初めて見たサーバルに感動しメインキャラに決まったのだそうですよ。

まったく『けものフレンズ』のことを知らなかった私でも、動物園の檻の中に当たり前のようにいる動物に感動するほど魅力を感じ、主役のキャラクターが決まったっていう話は何かうれしいですね。



《 サーバルキャット 》


サーバルキャットはアフリカ大陸の中央部以南に生息するネコ科動物です。

以下、少し無茶な時系列とともにサーバルキャットの紹介をさせていただきます。

太古の昔、地球上の大陸はパンゲア大陸という一つの大陸にまとまっていました。
その後、1億5000万年ほど前になって大陸が分かれ、北方にローラシア大陸ができました。 そこでは、恐竜たちが絶滅し、陰に隠れて生き延びていた食肉目の動物たちが一気に生息地を広げ進化していきました。

それらの北方獣類と呼ばれる生き物たちは、ローラシア獣類と真主齧類に分かれて進化していきます。
真主齧類は、将来ネズミや私たち人間につながり、一方のローラシア獣類がネコにつながっていくのでした。

そして、それら食肉目の動物たちの中から、有名なミアキスというイヌとネコの祖先が生まれてくるのです。
そのミアキスからは、プセウダエルルス→シザイルルスというネコの祖先種につながり、現在のユーラシア大陸からアフリカにやって来たカラカル系のネコ科動物の中からサーバルは生まれできたのです。

そんな壮大な進化の歴史があった後、アフリカで捕らえられた1匹?のサーバルが日本の動物園に連れてこられました。(・・想像)
そこへある日、たまたま吉崎観音さんが動物園を訪れ、動物園の帰り際にたまたま目に留まったわけです。
そして『けものフレンズプロジェクト』はサーバルをメインとして始まることとなりました。

めでたし、めでたし。。。

-スタッフBlog, 猫の話し, ペットの話し

この記事をシェアする!