スタッフBlog 犬の話し ペットの話し

犬のトイレのしつけ 懐かしい場面

犬のトイレのしつけについて



犬のトイレのしつけについて


最近の動画には様々な動物のものも多くなってきましたが、お家の中のワンちゃんやネコちゃんの行動を写したものは今でも興味が惹かれます。

先日、お家でお留守番中の1匹の子犬の行動を撮り続けた動画を見ました。



《 シーツだらけの部屋 》

その動画は、床に置かれたドッグベッドに子犬が寝ている場面から始まりました。

ドッグベッドの中にはまったく興味を示さないおもちゃが。
ベッドの傍らには、水とドッグフードを入れるための空の食器が置いてあります。

それ以外の場所には、幾枚ものペットシーツがびっしり敷かれています。
それを見ていて、「ああ、なんか懐かしいなあ・・」と。

実店舗に勤務していたときに、よく同じような接客をしたものです。

お家の中でトイレをおぼえさせる場合、まずは動画のようにトイレシーツをびっしりと敷いてあげることで100%トイレを失敗しない状況を作り出します。

その後、少しづつシーツを減らしていくことで、ある程度確実にシーツの上でトイレすることをおぼえさせるのです。



《 しつけ本その昔 》

動画を見ながら、昔の飼育トラブル解決本にこんなことが書かれているのをふと思い出しました。

犬がうまくトイレでしつけをしてくれなかったときの対処方法として・・・

『犬という動物は元来トイレをする場所では食事はしないので、トイレの粗相をしてしまった箇所全てにエサを入れた食器を設置しましょう。』というもの。

これは、部屋の中にいくつものエサ入りの食器が置かれている状況ですので、まず飼い主は食器を用意するのがたいへんです。

犬のほうは餌の入った食器だらけの部屋にいることになりますから、子犬の時からエサを食べ放題という状況になるのでしょうか???


ん~、これも懐かしい話です。

-スタッフBlog, 犬の話し, ペットの話し

この記事をシェアする!