スタッフBlog 犬の話し

犬の寒さ対策は必要なのか

犬の寒さ対策について

犬の寒さ対策について

皆さま、寒くなってきましたね。

人は衣類を着込みますが、犬たちにはフカフカの被毛があります。
そんなワンちゃんにも寒さ対策は必要なのでしょうか?



《 出身地と被毛のタイプ 》

ワンちゃんが好きな方なら、多くの方がご存じでしょうが、
やはりチワワなどの暖かい場所が原産の犬にとっては、
厳しい寒さは体調を崩す原因となりますので、防寒対策は行ってあげましょう。

被毛についても、ダブルコートと呼ばれ、1つの毛穴から数本の毛が出ているタイプの
被毛を持つ犬種の場合は寒さに強い犬種が多いのですが、
シングルコートと呼ばれ、1本の毛が1つの毛穴から出ているタイプの犬種で、
特に短毛犬の場合には、やはり防寒対策に気を配ってあげるべきでしょう。



《 ベルクマンの法則とアレンの法則 》

小さいワンちゃんに気を配ってあげましょう。
「恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、
近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する」(ウィキペディアより)
というものですが、体が小さいほど体重当たりの体表面積の割合が大きくなり、
体温は奪われやすいということなります。


次に耳が大きく、顔も長く、シッポや首、そして4本の脚も長いワンちゃんも気を使ってあげましょう。
こちらはアレンの法則といって、例えば大きな耳などの体表面積が大きくなってしまうような体の部分が
多ければ多いほど放熱量も大きくなってしまうため、熱が奪われやすくなります。



でも、「犬は喜び庭かけまわる~♪」季節でもありますから、
あまり過保護にしすぎないでくださいね。

-スタッフBlog, 犬の話し

この記事をシェアする!