2016/12/08

スタッフBlog 犬猫の話し

こんなに毛が抜けても大丈夫?

ペットの換毛について

ペットの換毛について

皆さんのワンちゃんやネコちゃんはもう換毛を終えて、
ふかふかの冬毛に切り替わっているでしょうか?

多くの方が体験済みのように、ペットで言えば犬や猫その他ウサギなどは
換毛期があり、(種類により)大量の毛が抜けることが悩みのひとつでもあります。


< 必要なこと >

そもそも体を覆っている被毛は、体温を保持しているだけではなく、
紫外線からも、そして虫などからも守ってくれるための被毛の層を作ってくれています。

大きく被毛が入れ替わる換毛期は、冬や夏の季節変化に対応しています。
野生動物ならば、その地域で生き延びていくための体の部分的な変化であることは明らかです。

そのわかりやすい例が、雪山などに生息する動物や鳥たちが冬毛になるとその後さらに白化しメラニン色素が抜けていくことが知られています。

その地域の寒さと環境に適応するかたちとなります。


< 自然な生き物ではないために・・・ >

犬の場合は、すでに野生の生き物とは違い人が被毛についても改良を加えてきました。
つまり自然界にいる野生のキツネやウサギ、鳥などの換毛や換羽を行う動物とは被毛についても違う面があります。

本来きれいに抜け落ちるはずの毛が上手く抜けなかったりすると、
毛玉ができたり、皮膚のトラブルにつながってしまうこともあります。

そこでペットの場合は飼い主様のご登場となります!
さあ!最新の抜毛用ブラシを手にムダ毛との格闘をはじめましょう!!



人間の祖先の体中に体毛が生えていた時期から、体毛が無くなった理由は
脳が発達し脳を冷やすためではないかと聞いたことがあります。

毛が大量に抜けている犬や猫の飼い主様、今ワンちゃんの脳は発達途中なのかも知れませんよ。

-スタッフBlog, 犬猫の話し

この記事をシェアする!