2016/12/07

スタッフBlog 猫の話し

ほんとうにネコは人を襲うの?

人を襲うネコについて

人を襲うネコについて

こんにちは。
やはり、今のペット業界は猫に関する話題が多くなってきました。
今後も当分、猫の話題は続くのではないでしょうか?

そこで、猫の飼育頭数が増えるにつれて増加することがあります。
それはいったい何でしょうか?
それは、猫に襲われている人も確実に増えるということです。


< 猫の問題行動 >

昔から猫の代表的な問題行動が、この「襲われる」ということです。
物陰から突然飛び出し、足や手をあの鋭い爪で抑え込みながら噛みつかれる。
こんな恐ろしいことはありません。

いつもびくびくしながら暮らさなければならない状況です。


< 社会化 >

この行動を止めさせることは時間がかかるとも言われていますが、
元を正せば子猫の時の育て方に大きな問題が秘められています。

もし猫が人を襲うんなら、あれほど多くの野良猫や地域猫たちが人を襲ってもおかしくはないはずですが一向にそのような話は聞いたことがありません。
つまり、家の中で猫と暮らしている人たちからのみ、そのような問題行動の話を聞くのです。


< 猫を育てる >

猫たちは犬と同様、幼齢期の社会化の時期には猫同士の接触の仕方を覚え、
それにより将来的に噛みつくような問題行動を起こさなくなります。
また例えば小鳥でさえも、一緒に幼齢の時期から育った場合、
将来的にも攻撃を加えなくなると言われています。

反面、人は子猫がお家にやって来た時には猫を育てる一方で、
猫と戯れたいがために、猫を遊び道具のように相手をしてしまう場合があります。

それは、本来必要な社会化の教育ではなく、人の遊び道具としての相手なのです。

その報いが、問題行動につながっているのかもしれません。
猫を飼育する前には、猫のことを学習しましょう!

-スタッフBlog, 猫の話し

この記事をシェアする!