2016/12/06

スタッフBlog 犬猫の話し

ペットの平均寿命が延びている理由は?

ペットの平均寿命について

ペットの平均寿命について

みなさん、こんにちは。今日は寿命についてです。
現在私たち日本人の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳です。


< 0歳児の平均余命 >

平均寿命と聞けば、今年亡くなられた方の年齢の平均値を想像する人も多いと思います。
しかし実際は、生まれたばかりの0歳の子供が今後何歳まで生きられるのかを表したものです。

犬や猫も同様に生まれたばかりの0歳の時から
平均的に何歳まで生きられるのかが平均寿命ということになるのでしょうが、
はたして生まれた時にどんな子犬や子猫も同じ健康状態で生まれてくるのでしょうか?


< 〇〇次第? >

子犬や子猫はブリーダーと言われる人たちが生ませていますが、
健康の事を考えて計画的に繁殖を行うシリアルブリーダー
呼ばれる繁殖家がいる一方で、パピーミルと呼ばれる
お金のためだけに無謀な繁殖を繰り返す繁殖家もいます。

同じ0歳の子犬や子猫であっても、ブリーダーによって
その健康状態は大きく変わってしまいます。


< それでも伸びる平均寿命 >

それでも犬や猫の平均寿命は延び続けています。
やはりそれはフードの品質向上や医療の進歩が大きいのです。
中にはサプリメントも貢献してきたはずです。
基本のフードがあまりにも低品質な場合は、サプリメントが
大きな役割を果たしてきたことも事実だからです。


つまりは、まだまだ平均寿命は延びる余地があるということです。
どうか、シリアルブリーダーの増えることを願っています。

-スタッフBlog, 犬猫の話し

この記事をシェアする!