2016/12/06

スタッフBlog 猫の話し 人の話し

キトンブルー

子猫の目について

子猫の目について

みなさんこんにちは。

最近は、メディアやYou Tubeなどで、
猫ちゃんたちが取り上げられることが多くなりました。

あの可愛い顔の表情を見るだけでも癒されている人は
多いのではないでしょうか?


< 子猫の目 >

猫で有名なキトンブルーという現象。
皆さんはご存知でしょうか?

子猫から飼育し始めている方はご存じの方も多いでしょう。
生後、子猫の目が開いてから数か月の間、目の色がブルーがかっています。
これはキトンブルーと呼ばれ、
メラニンの沈着が少ない時期に現れます。



生後半年ごろには、本来の親から受け継いだ目の色に落ち着きます。

キトンブルーは、ほんとうにこの時期だけの楽しみの一つなんですよ!


< チャイルドブルー >

これは造語ですが。。。

私たち人間も猫のように
目の色が変化することはみなさんご存じでしょうか?

私たち日本人はみな、目の色がブラウンやダークブラウンのため
子供が生まれてから目の色を気にしていた人は少ないと思いますが、
様々な目の色を持つ欧米の人たちの認識の一つとしては、
生後成長するにしたがって目の色が変化していくことは
当たり前だという国もあります。

それをやはり楽しみに観察しているそうです。


私は今、目の色を変えて仕事に取り組んでいるところです。

-スタッフBlog, 猫の話し, 人の話し

この記事をシェアする!