2016/12/02

スタッフBlog 自然の話し スピンオフ

線路に草が生えるわけがない理由

雑草について

雑草について

この写真を見て、違和感を感じた人はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?

この線路の写真は私の通勤途中に撮影したものです。普段、なにもない線路を撮ることはないのですが、この時は「あっ!」と思って携帯電話で撮影いたしました。違和感の原因は線路の間に生えている雑草です。みなさんは線路に雑草が生えているところを見たことがありますか?

雑草魂という言葉がありますが、その言葉通り雑草というのは非情にたくましく、土や砂の無いようなコンクリートの小さなひび割れからも目を出し成長しようとします。にもかかわらず線路の敷石から雑草が生えているところを目にした人はとても少ないんじゃないでしょうか。

答えは除草剤。除草剤と言えば一般家庭でも駐車場や土の庭のある場所なら草刈りが大変ということで撒(ま)いている人も多いはずです。線路にも強力な除草剤が撒かれているからこそ、年中草が生えているところを目にすることはないのです。農耕地でも一定の安全性が認められたものだけが使用されていますが、それ以外の非農耕地用の除草剤は全て、安全性などよりも草を根絶やしにすることが目的のものです。

そのようなところにしょっちゅうワンちゃんを散歩に連れて行けば、予測はつくと思いますが、中毒になる危険性もあります。さらに言えば、成分が体内に蓄積し長期間かけて体調に異変を起こす可能性も考えられます。犬や猫は私たちよりもずっと地上近くで生活しています。飼い主の皆様が注意をすることが大切ですね。

-スタッフBlog, 自然の話し, スピンオフ

この記事をシェアする!