2016/12/02

スタッフBlog 犬の話し スピンオフ

イヌゲノム(遺伝病)

イヌゲノムについて

イヌゲノムについて

犬にまつわる病気のなかで「遺伝性疾患」という言葉を、これまでどれほど多くのペット関連販売業者やブリーダーが耳にしてきたことでしょう。特定の犬種にとっては、犬イコール遺伝性疾患のような、遺伝的に逃れることのできない病気にいつもつきまとわれながら暮らさなければならないという現実に、一時、やりきれないような気持ちになった時期もありました。

私たちはブリーダーではありませんが、一生懸命にブリーディングに取り組むブリーダーの方々は遺伝性疾患の勉強をし、どの掛け合わせが遺伝病を減らすことにつながるのかを考えながら親犬を探し、少しでも健全な子犬の作出を願ってブリーディングを行っています。

昨年には、一般社団法人で犬の遺伝病研究会という組織もできたようです。当研究会によると、遺伝病の中には発症してしまうと治療法が無く、最終的には命を無くすものもあり、多くの動物病院でも敬遠されがちな疾患であるそうです。

可愛そうなのは犬のほうです。健康は食事管理だけで補えるものではありません。特に遺伝病が発症する可能性のある種類の犬たち健康は、生まれる前から決まっているといっても過言ではないかもしれないのです。イヌゲノム解析が、遺伝病の解決に向かっての大きな一歩となるよう願っています。

-スタッフBlog, 犬の話し, スピンオフ
-

この記事をシェアする!