スタッフBlog 犬の話し スピンオフ

イヌゲノム 犬の起源

イヌゲノムについて

イヌゲノムについて

みなさん、こんにちは。今日はイヌゲノムの続きのお話です。

1種類の犬が世界に広がったのか?世界に多種の犬たちが最初から散らばっていたのか?みなさんはどう思われますか。どうやらイヌゲノムの解析からは、そのようなことの調査・研究も進められているようです。私たち業者を含め、多くの人たちは犬の起源について知りたいと感じていたはずです。

ここで、単純に私が感じていたことを書かせていただきますが・・・。それは、犬は犬という種類から始まったのか、それともオオカミから枝分かれして犬となったのか、さらにはそれらが混在した結果、多様な犬が生まれたきてのか?ということでした。現在は犬はオオカミの亜種ということで、オオカミの仲間となっていますが、これほどの多種多様な犬たちが世界中に散らばっている現在、いったいこの多様性はどこから来たものなのでしょう?

多くの学者が時代ごとに犬の起源を推察し、研究を続けてきましたが、イヌゲノムの解析から、ようやくその最後の扉が開かれる時がやってくるのでしょうか?そうならば、ほんとうに楽しみですね。と言っているのも束の間、まだまだ犬の新種が作られているんですよ。ややこしい・・・。

-スタッフBlog, 犬の話し, スピンオフ
-

この記事をシェアする!