スタッフBlog 犬の話し 犬猫の話し 人の話し 野生動物の話し 自然の話し

犬とオオカミ(存在意義)

オオカミについて

オオカミについて

犬とオオカミ最終ブログです。それぞれの存在意義を考えてみました。

例えば「犬は人類の一部」そして「オオカミは地球環境の一部」。犬は人とともに暮らすようになってはじめて現在の犬になったのであり、それまでは犬科のオオカミの仲間でした。犬になるためには、他のどの動物とも違う何かを人間に与えなければなりませんでした。それは獲物を狩ることや、他の猛獣から襲われるような危険をいち早く知らせることなどだったのかもしれません。

現代では皆さんご存知のように、牧羊犬や狩猟犬、警察犬や盲導犬など様々な場面で人に役立つ存在となりました。人の人間としての成長や発育にもペットの存在は大きく関わり、さらには医療現場での心のケアにまで犬たちの存在は重要なものとなってきました。

犬のしつけやトレーニングも食事などの健康管理も、私たちはオオカミの行動や食性を研究・参考にして、今の快適な犬との暮らしを手に入れているのです。このように、犬だけでなくペットたち全体の存在意義というのは、時に野生の動物のことを連想することにつながるような「自然への入り口」的な存在でもあるのです。

-スタッフBlog, 犬の話し, 犬猫の話し, 人の話し, 野生動物の話し, 自然の話し
-

この記事をシェアする!