2016/11/30

スタッフBlog 犬の話し 犬猫の話し 人の話し 野生動物の話し 自然の話し スピンオフ

犬とオオカミ(存在)

オオカミについて

オオカミについて

犬はあなたにとってどういう存在ですか?という質問に対しては、「大切」に決まっていますよね。それはきっと1万5千年ほど前の犬と共に生活をしていた人々も同じことを言ったのかもしれません。

では、あなたにとって・・・ではなく、人間にとって犬はどういう存在なのでしょうか?わたしの個人的意見としては、犬たちは「守られる存在」であり、世界中に広まったことがその証拠と言えるとも感じています。特にペット業界に身を置いていれば、生まれてから亡くなるまで医療やペット用品をはじめ、犬の一生の面倒を見てあげるだけの準備を人間はしてあげていますよね。それが守られる存在の理由です。

一方、オオカミは人間にとってどのような存在なのでしょうか?オオカミは自然の中で、自然のバランスに則って暮らしていたはずでした。しかしある時から、人間が家畜を飼うため、そして人間が畑を耕すために彼らの生息地域をつぎつぎ浸食していき、オオカミたちは生きるために家畜を襲いはじめることもありました。そして彼らは害獣になったのです。

彼らは圧倒的な人間の力で駆逐され、数を減らしていき絶滅したものもいます。さて、そうして人間にとって都合の悪かったオオカミたちはいなくなったのですが、今度はオオカミのエサであったはずのシカが増え、人間の畑を荒らし始めることになったのです。シカは害獣になった今、オオカミたちは益獣になれるのでしょうか?

-スタッフBlog, 犬の話し, 犬猫の話し, 人の話し, 野生動物の話し, 自然の話し, スピンオフ
-

この記事をシェアする!