2016/11/30

スタッフBlog 犬の話し 犬猫の話し 人の話し

犬とオオカミ(寿命)

オオカミについて

オオカミについて

犬とオオカミについてのブログ第2弾です。今回は寿命についてです。犬の平均寿命は、最近でも少しづつ伸びているようで、小型犬では14~15才、中大型犬でも13~14才となっています。10歳を生きれば長生きと言っていた何年か前の時代に比べると急激な伸びとなっています。

これはすでに当然となった、医療・予防医療の進歩、食事の質の向上、住環境(室内飼育の増加)などが原因として挙げられますが、一方オオカミってどの程度の寿命なのでしょうか?そもそも自然下に棲息するオオカミたちは、ペットの犬たちとは違い非情に厳しい条件下で暮らしていますので、当然寿命も犬に比べ短くなるのです。

実際のところ野生のオオカミは寿命が5~10年ほどです。ペット業界の言葉を借りれば、ナチュラルな酵素をたっぷり含んだ最高の無添加総合栄養食を食べ、たまにファスティングも行っているにも関わらず、安価な量販店のフードを毎日のように与えられている犬の方が寿命が勝ってしまう場合も多々あるのです。

しかし・・・、動物園などでしっかり食事と健康管理を行うことで、小さな種類でも20kg、大きな種類となると80kgもあろうかという大型の動物が15年ほどに寿命が延びるのです。食事と環境はほんとに大切です。

-スタッフBlog, 犬の話し, 犬猫の話し, 人の話し
-

この記事をシェアする!