スタッフBlog 犬の話し 猫の話し 犬猫の話し 人の話し

KOKUSAN 国産

国産について

国産について

少し前に書いたブログでは「ドッグフードが自由すぎる件」ということで、国産のドッグフードが増えているという内容を書かせていただきましたが、「国産=安全」という神話?はペットフードの業界の中でも昔から生き続けている事実の一つかもしれません。ましてや世界中の品物が手に入りやすくなった今の時代、特に安全性が注視される食べ物については世界中の人が関心を寄せていることも事実ではないでしょうか?

そもそも日本の食品表示には、専門家でないとわからないような様々な法律があり対象食品があります。ペットフードに目をやった時それに関わる内容としては、犬用と猫用のみ「原材料名」「原産国名」程度のものだけがペットフード安全法により義務化されています。「原材料名」は全ての使用原材料の明記、「原産国名」はペットフードが製造された国名の記載となっています。

しかし、基本的に原産国は主要な原材料の供給元が当てはまりますが、ペットフードなどの多数の原料が使用されている製品の場合、ひとつひとつの原材料が全て同じ国ではなく、様々な国のものが入り混じっている事も今では当たり前の時代となっています。国産フードの安心感を求めたい場合、それらを確認しない限り純国産とは言えませんが、それでも国産という表記上は問題がありません。

みなさんは国産派ですか?それとも純国産派ですか? それともどちらかわからなくなってしまいました??

-スタッフBlog, 犬の話し, 猫の話し, 犬猫の話し, 人の話し

この記事をシェアする!