2016/11/17

スタッフBlog 人の話し 自然の話し

突然変異④(人という)

アルビノについて

アルビノについて

突然変異、最終回です。ブログを書いている本人がペット業者ですのでこれまでペットや動物に絡んだ話しが多かったのですが、今回は別です。さて、人間は突然変異というものをどのような現象ととらえ、どのような見方をしているんのでしょうか?

私はこれまで、アルビノなどの突然変異の生き物は、自然発生的に生まれてきたものを定着させたものだと感じていましたが、もし突然変異を人が操作できるとすればみなさんはどう思いますか?そもそも突然変異は遺伝子や染色体の異常ですので、人為的に誘発できれば、様々な突然変異種を作ることが可能となります。

放射線育種場(ガンマフィールド)というところがあります。日本だけではなく世界の多くの国で、放射線を照射することにより、突然変異を誘発させ新種を作り出しています。日本では米や大豆、その他野菜に果物も。キクなどの花も昔にはなかった色の花は放射線を浴びせて作られたものたちです。

数年前には、「遺伝子組み換え作物」が大きな話題となりましたが、今まで普通に口にしていたものが突然変異の食べ物であることに気付いている人は私を含め、あまり多くはないのかもしれませんね。放射線によってなにか被害を受けた人もいるかもしれない一方で、人はその放射線までをも利用するという特別すぎる地球上の生き物なんですよね。

-スタッフBlog, 人の話し, 自然の話し

この記事をシェアする!