2016/11/13

スタッフBlog 人の話し

想像力で野球観戦 日本初パブリックビューイング?

画像について

画像について

現在ブラジルのリオではオリンピックが、そして日本では高校野球が共に熱い戦いを繰り広げていますよね。出場選手たちはきっと、戦っているその瞬間が自身の今後の人生の最も重要な1ページとして体に刻み込まれているのだと思います。私たちはその一部分をテレビを通じて観戦し応援できるのですから、感動し興奮しないわけにはいきませんよね。

さて、そんなお盆の最中にわたしがたまたまテレビをつけた時「プレヨグラフ」という90年前の野球速報版が紹介されていました。テレビの普及がまだまだで娯楽も少ない時代、市民に高校野球の試合経過を伝えるために、大型の野球盤のようなものが屋外に作られ、現在行われている試合を同時進行でその盤上に表すものでした。まさに、90年前のパブリックビューイングです。

もう少し詳細を調べようと検索していたところ、高校野球の総合情報サイトの朝日新聞社デジタル高校野球というサイトに行きつきました。これが結構面白い!おそらく野球に興味の無い方でも、解説付きの戦時中や戦後の高校野球にまつわる写真を見て、「なにこれ?」と思うものがあるでしょう。

例えば、グラウンドにモクモクと湧き上がる黒煙の写真。これは、雨による中断の後、グラウンドを早く乾かすためにグラウンドにガソリンをまいて火をつけた写真。例えばもう1点は、二人の選手が肩を組んでいる写真なのだが、実は一方の選手が栄養失調で脚気(かっけ)に罹(かか)り、補助されている写真など…

「言葉」は驚きを、「画像」は時代背景とインパクトを与えてくれます。

-スタッフBlog, 人の話し

この記事をシェアする!