2016/11/10

スタッフBlog スピンオフ

スピンオフ 野球編4「泥水」

高校野球について

高校野球④について

みなさん、こんにちは。スピンオフ 野球最終編です。 いつごろからでしょうか?「運動中は水を飲んではいけない!?」と言われ続けた私たちの教えとはまったくの逆説「運動中は定期的に水分補給をしなければならない。」ということが正論となったのは。少なくとも30年前の私たちのスポーツ事情。それは真夏であろうと、運動中は水分を取るべきではないという悲しい事実があった時代でした。

これは、今の時代なら生死にかかわる問題なのかもしれませんが、私たちは何の疑いもなくスポーツに明け暮れた時代でもありました。厳しい練習が評判だった私たちの高校野球部の特に夏休みの強化練習では、とにかく毎日が我慢。あまりにも水が飲みたくて、気が遠くなるような日々の連続だったのです。

そんな中、ある時大雨が降りました。悲しいかな夏の雨は時々スコールのようにすぐに止み、また真夏の太陽が照りだす時があります。グラウンドにはいくつかの大きな水たまりができていますが、乾く間もなくノックが始まりました。試合でも雨が降ったからと言ってすぐに中止になるわけではないので、少々の水たまりがあってもすぐに練習がはじまるのです。その日は猛ノックが続きました。一人100本、200本~となる時もあり、特別厳しい練習の日でした。

順番にノックを受けていた中、ある選手がもうフラフラの状態でした。ボールに飛びついたとたん、そこは水たまりの真ん中でした。そのまま起き上がってくることもなく、数秒間じっと顔を伏せ倒れたままです。「気絶?」「脳しんとう?」みんなが近寄り始めたその時…「ズズズッ…ジュルジュル…」泥の水たまりが少し小さくなりました。

私たちの多くは泥水の味を知っています。もうそんな時代は来ないでしょう。

-スタッフBlog, スピンオフ
-

この記事をシェアする!