2016/10/24

スタッフBlog 人の話し

食中毒も犬は別??

食中毒について

食中毒について

確か以前、食中毒の事件があったと思います。夏場に必ず見るこの手の事件では、重篤(じゅうとく)な症状になる方もいらっしゃるため、ほんとうに気をつけなければいけませんね。食中毒菌が繁殖しやすい条件が揃うこれからの季節は、生のものは少し控えるほうがよいのかもしれません。

食中毒菌は、一定の条件で加熱すれば食中毒のリスクも減らせますが、加熱食と聞くと少し気持ちがムズムズする犬の飼い主様もいらっしゃるのではないでしょうか?特にワンちゃんに生食(なましょく)を与えていらっしゃる飼い主様の場合は、生の食物に含まれる酵素をいつも食事とともに取らせてあげたいのだと思います。

ペット業界では、加熱処理しないものでも、犬の胃酸は人よりも酸性度が強く、胃内に進入する菌もその強力な胃酸にやられてしまうため大丈夫と言われます。確かに犬は「腐食性動物」でもあり、少々腐っているものでも食べてしまう動物なので、確かに人よりは感染しにくいのかもしれませんが、胃の中も常時、強酸性の状態を維持しているのではありません。実際ペットフードによるサルモネラ菌の食中毒事件はよく起こっていますので、飼い主の皆様、犬だからといって気を緩めずに食事管理をしてあげましょう。

-スタッフBlog, 人の話し

この記事をシェアする!