2016/10/23

スタッフBlog 人の話し

殺菌線を浴びて健康維持

太陽光について

太陽光について

気持ちよい晴れの日。
たまには太陽の光を体いっぱいに浴びて、気力を取り戻しましょう!

太陽の光は、目に見える可視光線と見えない赤外線、紫外線に分かれていることはご存知だと思います。
その中で、特に紫外線は女性の敵のような扱いを受けていますよね。殺菌光線ですから、皮膚から内部に浸透し、しみやしわの原因になることを思えば否定はしませんが…
最近では、紫外線アレルギーというのもあるそうです。

その一方で、紫外線を浴びることにより、地上の生き物は体の中にビタミンDを作り出し、そのビタミンDは骨の形成に大きく関わっっています。病気予防の助けにもなっています。ですから、太陽光の届きにくい北欧などでは、紫外線の効用を得にくいため、逆に慢性的にビタミンDの不足が問題になります。
このような地域のワンちゃんやネコちゃんにもひょっとしてビタミンDが不足しているのかな?なんて考えてしまいます。
ペットフードにビタミンDが強化されているかもしれませんね。

これからの時期、カメさんですら川のほとりで日光浴をしながら、甲羅を丈夫に成長させています。
病気予防のため外へ出さないネコちゃんが多いと思いますが、部屋ネコにも紫外線を!

-スタッフBlog, 人の話し

この記事をシェアする!