2017/02/24

スタッフBlog 猫の話し 人の話し

猫は虫を捕まえて獣にもどる。子供は虫を捕まえて人になる!?

食料捕獲行動について

食料捕獲行動について

虫の多い季節は、周辺の草木にも、テントウムシやこれから蝶や蛾になろうとする毛虫など出てきます。

猫たちにとっては、エサが増える時期?とも言えますね。

おうちで毎日美味しいキャットフードを食べている子は、虫を捕まえても遊ぶだけかもしれませんが、外にいる野良猫ちゃんたちは、まさに「食料捕獲行動」ですからそれはもう必死です。

虫=生き物の体全部を食べるのですから、これはこれで、ある意味最高の総合栄養食なんです。

都会では少なくなりましたが、子供たちにとっても、最も身近な自然の教材が豊富な季節です。

昆虫の写真を昆虫目線で撮影することで世界的に有名になった写真家/栗林慧(さとし)氏は

「人間の子供はとても残酷なんですが、幼いころに多くの虫を死なせたりすることで、罪悪感など人としての大切なことを少しずつ学んでいく。」

と言っています。

虫の嫌いな人は多いですが、虫の嫌いなお父さんお母さんでも映画は見れますよね。

栗林氏が監督として指揮を取り、昨年夏に公開された映画『アリのままでいたい』を、お子さんと一緒に見てはどうでしょう。

ネコを飼っているご家庭では、きっとネコちゃんも釘付けになりますよ!

-スタッフBlog, 猫の話し, 人の話し

この記事をシェアする!