2016/10/30

スタッフBlog 人の話し

泳ぐためには固まらない!

脂肪酸について

脂肪酸について

おはようございます。

昨日は、久しぶりにお刺身を食べました。私は魚が好きなんですが、それでもあまり食べる機会がないのは何故なんでしょうか? 好きな私でもそうなんですから、日本人は魚を食べなくなったと言われるわけですよね。

さて魚と言えば、海や川の中に住んでいる動物であることは誰でも知っていますが、牛肉や豚肉などのお肉と比べて魚の身はまったく違いますよね。当然もともとの筋肉の構造なども違うでしょうが、もう1つ大きな点と言えば魚には油(脂肪)の固まった部分がないと言うことですよね。

よく「この魚は脂(あぶら)が乗っている。」と言っても、油の固まりが牛肉や豚肉のように身と分離して隣り合わせにひっついているわけではありませんよね。魚の場合、例えばマグロのトロの部分のように筋肉(身)の中に油を一様に溜め込んでいます。

この違いは、ご存知の方も多いでしょうが、脂肪の固まりは飽和脂肪酸という脂肪酸でできており、魚の脂肪はほとんどが不飽和脂肪酸という常温(相当な低温下でも)では固まらない脂肪だからということです。(よくサプリメントでEPAやDHAと言われているものもオメガ3系の不飽和脂肪酸です。)

これほど動物によって体の脂肪の質にも違いがあるのですが、哺乳動物も魚を食べ続ければはたして体の脂肪は魚のようになるのでしょうか?もしそうであれば、まさに奇跡のダイエット食品ですが…。

残念ながらそこまでの変化はありません。しかし、少なくとも体の脂肪の質は食べ物によって変化します。魚ばかりを食べている海獣のアザラシなどの脂肪には、魚と同様のオメガ3系の特殊な脂肪酸が多く含まれています。

ワンちゃんやネコちゃんも、健康のためにはほんとうに大切な脂肪酸です。でも残念ながら、小さいときからペットフードで育てられたワンちゃんや特にネコちゃんたちは、フィッシュフードなどのあの生臭いニオイがどうも嫌いらしいです…

-スタッフBlog, 人の話し

この記事をシェアする!