2016/10/22

スタッフBlog 人の話し

アトピー性皮膚炎(3) 蛾(が)から逃げろ!!

アレルギーについて

アレルギーについて

以前書かせていただいたアトピー性皮膚炎の話は、原因究明のカギとなるかもしれない研究成果の話と、内因感染のお話でした。

実際は現在もアトピーに苦しんでいる人は変わっていないのだと思いますが、あくまで健康な人たちにも、認識を深めていただきたいという姿勢で、今後もアトピー性皮膚炎についてのブログを継続していきたいと思います。

素人療法はいけないので、他の良い情報をまずは紹介します。

角田和彦先生というアレルギーで有名な先生がいらしゃいますが、2015年10月15日から制作されているHP「アレルギーっ子」の中から少し興味を引いたお話しを紹介させていただきます。

“アレルギーの人は、有害な食品を無意識に見分けている”という話が書かれていました。
同じく、次のような面白い話も…

蛾(が)を見ただけで逃げるほど嫌いな人はたくさんいると思いますが・・・その人たちを調べると、蛾にアレルギーを持っている場合が多いそうなんです。

アレルギー物質に対して、本能的とも言える反応や行動を知らず知らずのうちにとっているということなんです。

私たちにも嫌いなものや、どうしても抵抗のある物・場所がありますが、ひょっとしてそのような環境中には、化学物質を含む塗料や薬品が使われているものがあるかもしれませんね。

より本能的な行動が残っているワンちゃんやネコちゃんは、ひょっとして人よりもこのようなケースがあるのかも…

アトピーやアレルギーの人に、嫌なものを押し付けたり、嫌な場所に連れて行ったりということは、症状を悪化させる行為につながっている場合もありますし、自分たちもそうなのかもしれませんね。

みんなが認識を少し持つだけで、きっと変わっていくと思います。

-スタッフBlog, 人の話し
-

この記事をシェアする!