2016/10/21

スタッフBlog 犬の話し 猫の話し 犬猫の話し 人の話し

軽い気持ちで殺虫/除虫/防虫/殺菌/抗菌/除菌…はダメ!?

殺虫剤について

殺虫剤について

日本でも大きなニュースとして取り上げられた、韓国の加湿器殺菌剤による死亡事件がありました。
死亡した人たちだけではなく、小さな子供たちを含む被害者がとても多いようで、ほんとうにかわいそうと感じる事件です。

加湿器は、乾燥した冬に湿気を与えてくれる画期的な製品でもありますが、水を貯めておくタンク内に微生物が繁殖しやすいという短所があります。
もし、加湿器のタンク内にカビや細菌が繁殖してしまえば、部屋中に撒き散らされてしまいますので、タンクや加湿器内の水分を清潔に保つ必要があります。

今回の事件では加湿器内の水を清潔に保つための殺菌剤の成分が、人体に多大な被害を与えることになってしまいました。

・・・・・・

私たちは普段、何に気をつけなければならないのでしょう?

つい便利さや清潔さだけを求めて、様々な製品を使用していますが、一度立ち止まって冷静に製品などの長所や短所を見る機会も必要なのかもしれませんね。

夏場になれば、虫刺されや防虫剤を多用するでしょう。
ペットのノミやダニよけ対策も大切ですね。
汗を多くかき、薬用石鹸を使う人も多いかもしれません。

普段、体に触れているのだけれど、あまり気にしないで使っているものは多いはずです。

どれも「殺虫」「殺菌」「抗菌」「除菌」などの効果の高い成分が使用されています。

そのような製品を使う時、いつも思い出さなくてはいけないのは「殺虫成分」や「殺菌成分」というのは、生き物を殺すことのできる成分だということです。

きっと加湿器の殺菌剤に対しても、被害に合った人たちは大丈夫だと思って軽い気持ちで使い続けていたのだと思います。

-スタッフBlog, 犬の話し, 猫の話し, 犬猫の話し, 人の話し

この記事をシェアする!