スタッフBlog 野生動物の話し 自然の話し

突然変異①(アルビノ)

アルビノについて

アルビノについて

今回は、突然変異についてのブログです。私は突然変異と聞いた時のイメージ=「アルビノ」です。皆さんも時々ニュースで色素を持たない全身真っ白な生き物を見た記憶はないでしょうか?「アルビノ」とは、色素=メラニンを持たずに生まれてくる生き物のため体は全体が白色、目も赤い色をしています。

すでにわかっている人はたくさんいらっしゃると思いますが、ペット業界で代表的なアルビノ動物はウサギかもしれません。昔、ほとんどの小学校などで飼育されていたウサギも、白い毛で眼の赤いウサギではありませんでしたか?私たちは子供のころから知らない間に突然変異種にエサをやり、突然変異種をペットとして飼育しいたんですね。

さて、因幡(いなば)の白兎(しろうさぎ)の目は何色だったのでしょうか?赤ならアルビノ!黒なら・・・?黒なら、きっとそれは季節により保護色として毛色が変化し、白変(白化現象)した状態の目の黒い野兎だったのかもしれませんね。動物は不思議ですね。人間には備わっていない、いろんな姿を見せてくれます。

-スタッフBlog, 野生動物の話し, 自然の話し

この記事をシェアする!